<   2018年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

晩秋last   

2018年 11月 29日

f0360096_15513006.jpg
我が家の前の歩道の落ち葉、前日の掃除の後がもうこれです。


昨日の午後からの雨の後、今朝はいいお天気です。干し柿も外に出しました。我が家はメイン通りから一つ中に入った通りに面しているのですが、結構な道路幅がありその上イチョウの並木が続いています。そのためこの季節大量の色づいたイチョウの落ち葉が歩道に広がっているのです。近所・お向かいの家々がマメに掃除されるので、私も知らん顔できないというわけです。自治会活動が結構盛んな地域でもあり、な~んか掃除しないといけないような気にもなってしまうんですよね。落ち葉を踏みしめてその感触やらを味わいつつゆく秋を惜しむなんて感傷に浸っている場合ではないわ、と独り言やら苦笑いの私です。

あ、そういえば昔々丁度今の時季、ひとりで京都の化野念仏寺へ行ったこと思いだしました。色とりどりのいっぱいの落ち葉をかさこそと踏みしめたのでした。まだまだ私多感なお年頃でしたねー あんな若い頃があったんですよね。今からするとまさに『光陰矢の如し』 ちなみにこれを英訳すると『Time flies』となるんだそうな(調べました) これじゃ趣も何もあったもんではないよねぇ。

晩秋に思いを馳せているうちにもう12月です。現実が待っています。忙しさに追われる日々が待っているのです(*_*)



[PR]

by anne-sea | 2018-11-29 15:02 | 暮らし

晩秋3   

2018年 11月 28日

f0360096_21350399.jpg
一年で一番好きな季節、その中でもとりわけ晩秋のころに気持ちが惹かれる。なぜだか・・・それは私の子どもの頃の暮らしに多少は関係があるのかもしれない。まあ取り立てて特別な家庭環境ではなかったとは思うけれども、幼心に複雑なものを抱えていたのも本当だったなあとは今なお思うことがある。

田舎のこと故一人になる場所もチャンスもいくらでもあった。春さかり、れんげ畑の真ん中で大の字に寝転んでボーとしていたら、頭上高く雲間からひばりのさえずりが聞こえてきたことがある。周りには誰もいない。そののぞかな空間に一人でいるだけで気持ちが軽くなったように思えたものであった。小学3年生ころだったか。あの時の雲雀の声もあたりの景色も空の様子もれんげの色も畔の緑も、この年になった今でもおぼろげながら思い浮かべることができる。子供のころから一人で物思うことも好きな私だった。

そのような子供だったからかどうかは分からないけれども、私は晩秋に惹かれる。物悲しい雰囲気に惹かれる、昔も今も。そしてやっぱりいろいろと思ってしまう。そういえば『思秋期』という歌、この時期にはピッタリのような・・・ 子供たちに労わられる年齢になって思うことは、やり残したこと叶わなかった夢や願いとの決別をどう始末するのかということ。

今年の晩秋はそういうことと向き合うときなのかもしれない。この先もきちんと暮らしていくためにもけじめが必要、なのかもしれない。





[PR]

by anne-sea | 2018-11-28 22:29 | 暮らし

晩秋2   

2018年 11月 25日

f0360096_21152641.jpg
転居してもやっぱり主人は干し柿作りはやめられないようです。何の変化もない暮らしです、このようなことでも一生懸命になれるのですね。今年購入した柿はこれまでで一番大きい気がします。皮をむいて吊るし、霧吹きで焼酎を吹きかけて出来上がりです。

この干し柿を食べると子供の頃を思い出しますが、戦後のそれも田舎の子供の私にはとても嬉しいおやつでした。主人は孫たちにあげるんだと張り切っていますが、彼らがそんなに喜ぶ風には見えないのですよね。でもあえて私は言わずにいます(*_*)

以前の家には結構大きな富有柿の木があったよなー。豊作の年もそうでない年もあったけれど今年はどうなっているんだろう。てっぺんになっている柿は鳥たちが片付けてくれていたけれど・・・なんて 以前の暮らしを思っても仕方ないことなんだわね( 一一)



[PR]

by anne-sea | 2018-11-25 21:34 | 暮らし

晩秋   

2018年 11月 22日

f0360096_11414135.jpg

慌しい年末がやって来ます。今のうちにと年賀状の名簿の確認・書類の整理を始めました。12月に入ると年賀状の作成にゆっくり取り掛かりたいし、掃除や片づけにも精を出したいしね。

この一年あまり引っ越しによる書類の変更や提出がたくさんあり、一時はパニックになりそうでした。提出したかどうか書類入れをひっくり返したりと、自身の頭の回転の衰えを自覚させられた一年でもありました。この度改めて整理をしていて、PCなりノートなりに何の書類を提出したかの一覧表を日付け順に残しておく必要を痛感しました。この一覧表を見て各々の書類が確認できるというわけです。こうまでしないといけないとはと、少々落ち込んでしまいますよ。

そう言えば引っ越しの折に段ボール箱に中身を記入して、ノートに段ボールの箱の番号と中身を詳しく書いていました。引っ越し後緊急に必要なものを取り出すときにはこのノートが非常に役立ったものでした。そのうち貴重品以外の物の置き場所を詳しく記す必要が出てくるかもしれません。今ですらどこにしまったのか、いやその物自体が我が家にある事すら忘れていることがありますからね。

未提出の介護保険還付請求書類が出てきました。前の住所の役所へ出すべきものです。明日投函します、忘れずに(#^^#) 



[PR]

by anne-sea | 2018-11-22 12:11 | 暮らし

毎日があっという間に・・・   

2018年 11月 12日

昨日主人が大好きな「めぐみの里」へ野菜を買いにいってきました。いろいろ加工品などもありますが、野菜の直売が種類も多く近辺の人には人気があるようです。お花の好きな人には切り花も生産者直売で新鮮も売りのようです。私はたまにしかお花は買いません。でもそのときはやっぱり気持ちがウキウキですね。

主人が大根漬けを作りたいとのことなのでいろいろ検討(?)した結果、べっぴんさんで大きめの葉付のものを3本買い求めました。葉がとても生き生きしていてきれいなのでお漬物にできるし少し値段の方は高めでしたが、二人とも満足でした。後は青物を2種類とつきたての小餅と。小餅は近所に住む孫が大好きですので嫁さんが来た時に持たせます。

主人の生検のため病院一泊、今日はあっちの病院、明日はこっちの病院と病院通いの毎日であっという間に一週間・一ヶ月がすぎて行く感じです。その合間に私も整形へ。こんな病院漬けの毎日がこようとは。それでもささやかな物事に目を向けての暮らしもまんざらではないかと・・・ たまには娘に電話をすると元気にやっている様子、それだけでほっとしながら嬉しい私です。

大根葉は茹でて刻み、みじん切りした生姜と一緒にサラダ油・ごま油でいため砂糖、しょう油で味付けし
冷蔵庫の残り物のしらすや干しエビや鰹節などを加え、好みで七味をふって出来上がり。ちょっとした箸休め保存食になります。お漬物でもいいのですがこれもまたたまにはいいものです。


[PR]

by anne-sea | 2018-11-12 10:28

出来たらいいなあ   

2018年 11月 05日


昨日町内の文化祭があり、私の所属する混声合唱団も出演しました。私の今の団でのデビューのステージです。孫とお嫁さんも聴きに来てくれました。小2の孫はいつもと違う雰囲気のバーバに少々とまどったみたいでした(^^♪ 出番前「緊張する?」と隣のメンバーさんに訊かれました。あ、ゼンゼン、楽しみましょうと言ってステージに上がりました。出来はまあまあでしたでしょうか?


我が家の内外の手入れも自分たちでできることは大方やった感じです。お金を掛ければもっと住みよくなるのでしょうが、もうそんなにお金をかけるつもりはないのですが、でももっとそれなりに居心地よくするにはどうすればいいかなあと我が家をシミジミ眺めることもあります。

で、ふっと「フルカフェハルさん」の番組が浮かびました。あそこまで古民家風に設えなくともあの感じを多少取り入れて好みのインテリアにできないかなあと思ったわけです。超モダンな内装や高級感あふれる居間や重厚な家具にも憧れる気の多い私ですが、ここはひとつ古民家一歩手前の落ち着いた雰囲気の我が家がいいかなと、方向だけはぼんやり見えてきました。上手くイメージ通りにできればいいなあ。ただし期限のない夢なのでいつのことになるかは不明です。

[PR]

by anne-sea | 2018-11-05 11:29 | 暮らし