<   2018年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

咲いてる!   

2018年 10月 18日

f0360096_10413087.jpg
今朝玄関脇の植え込みに一輪だけ咲いているのに気が付きました。ふっと嬉しくなりました。

今朝も主人は半日のリハビリへ送迎の車で出かけて行きました。その折にスタッフさんから「ご主人頑張っておられますよ。大分足の運びもよくなりましたよ」と。会社勤めの頃の主人から考えると、スタフ方の言葉に素直に応えていてにこにことリハビリに励んでいることが信じられない思いです。

亡き父が「あんな馬鹿にした言い方があるか」とスタッフの対応に苛立ってデイサービスに一日で行かなくなったことがありました。やさしい対応と受け取るかバカにした対応と取るかは人それどれでしょう。それに今は昔のように子供に接するようなサービスの提供の仕方はないのではないかと思います。今お世話になっている事業所しか知りませんが・・・

主人がありがとうとの気持ちでリハビリを受けているのはそういった今のサービスの在り方と、年齢と共に変化する自身の体の変化を受け入れているからなのでしょう。受け入れたうえでもう少し頑張ろうと日々過ごしているのが私たち高齢者なのだと思うのですがどうなんでしょう。

そんな暮らしのなかで小さなことでも嬉しいことがあるとすごく元気が出るのです。ほっこりするのです。そして自分でも何に対してだかわからいながら「ありがとう」とつぶやいてしまうのですね。

[PR]

by anne-sea | 2018-10-18 11:17 | 暮らし

庭の片付けも終わりかな~   

2018年 10月 16日

f0360096_11022129.jpg
腰を痛めて庭の片付けや剪定を休んでいました。が、数日前から気になる場所を少しずつ片付け・改造をしていたところそれも一段落。後は春に来てもらった植木屋さんに大まかな剪定をお願いすることにして私の作業は一応終わりにしました。時々の草引きくらいかな。もう一つ、息子に手伝ってもらって物置の設置が残っているのですが、完成すればあちこちに散らばってる主人の大事な大事な外作業の器具が整理でき、すっきりしそうです。古家も見た目少しはましになるのかな(#^.^#)

前の家から連れてきたバラ3鉢がすべて枯れてしまいました。う~んどうしてなんだろう。水も肥料もちゃんとしていたのに。ホントにささやかなものでしょうが、次暖かくなる季節には少し花を育てようかなと思っています。以前庭の手入れは花以外は主人の仕事でしたが、今の家ではほとんどできません。簡単なことは私が自分でやるしかないのですが、これで精一杯で花までは手がまわりませんでした。

無理をしないようにしながら自分のできる範囲で花の手入れを楽しみながら過ごせたらいいなと思っています。そのためには冬の間に家の掃除と整理に奮闘しなければね。あ、そうそう無理はだめでした。

というわけでこれからは家の中を収納など整理して、暮らしやすい工夫をしようと思っています。ただし、お金は極力かけない工夫をしながらですけどね。


[PR]

by anne-sea | 2018-10-16 11:26 | 暮らし

保存食&作り置き   

2018年 10月 15日

f0360096_10063084.jpg
 
最近は、いや若い頃からかな時々食事作りが億劫に思えるときがある。それが年齢と共に時々どころではなく定期的になってきました。料理は好きでも嫌いでもないといったところかな。得意なものを作るときや新しいものに挑戦するときはワクワクするのだけれどもね。

それで箸休めや取り敢えずの酒の肴に保存食を作っておきます。この画像もそのうちの一つ。「食べるいりこ」を田作りの要領で仕上げています。簡単なうえに日持ちがするので重宝しています。カルシウムの摂取などとは程遠い量ですが一度に数匹といったところでしょうか。

これからの季節は夏場と違って保存がきくので作り置きはとても助かります。頂き物の昆布があるので、近いうちに昆布の佃煮でも作ろうかと考えています。これも失敗がないのでちょくちょく作る保存食です。

家計に余裕があってシニアハウスに入居するとこの食事作りから解放されるのかな。でもそれはそれでまた自分で作ってみたくなるのだろうなと・・・・・ 朝からまたくだらないことを考えてしまいましたわ(*_*)

[PR]

by anne-sea | 2018-10-15 10:28 | 料理

お墓参り   

2018年 10月 06日

少し前になりますが主人の実家へのお彼岸参りに行って来ました。主人のご両親は無論義兄ももういない実家ですが、主人の兄弟やその連れ合いをいつものように兄嫁さんが温かくもてなしてくれました。このように迎えてくれるひとがいてこそ気持ちよく実家への出入りができるのだと思います。また伺う私たちも、兄嫁の娘・孫・ひ孫たちが出入りすると思える日はずらしての訪問です。お互いのちょっとした気遣いで気持ちの良いお付き合いができるのでしょう。

日をおいて息子の休みの日に3人で私たち夫婦のお墓参りです。市の墓苑に2年前に建立しました。自分たちのあの世の住まいを眺めるというのも、少なからず複雑な思いがするものですね。子供たちに金銭的・時間的な気持ちの負担で迷惑を掛けたくないと息子の住まいに近い墓苑を選んだのですが、その後私たちも近くに引っ越しということになりました。しかし今のお墓の様々な形を見聞きするとこれででよかったのかなとの思いもあります。ともあれまだ先にお世話になりますのでとお願いしておきましたが、願いは聞き届けていただけたものと信じて疑わない私です。

[PR]

by anne-sea | 2018-10-06 09:55

美容院   

2018年 10月 04日

お嫁さんのお母さんお勧めの美容院でカットしてもらいました。2か月ぶりです。やっぱりすっきりしましたねぇ。こちらに越して来て取り敢えず近くの美容院に行きました。お店の雰囲気はちょっとゴージャス、スタッフといっても二人だけでしたがとてもあか抜けた感じでした。これまでと同じようにお願いして注文通りの仕上がりなのですがなんかどっかぴんとこない。でここは一度きりで次はなしとしました。ぎりぎり伸び放題にして一度はえい、どうでもええわと自分で少しそろえたこともありました。また以前の美容院にお世話になったこともありますが、でもやはり遠いところは続きません。。

となればと今回の美容院に行ったということです。雰囲気は私にぴったり、気軽に頼めそうな感じでした。仕上がりも満足、料金も満足♪ このお店にきめました。美容院一つ決めるのにも大変な労力がいるんですよねぇ。あんなこんなで少しずつ地域に溶け込んでいる感じです。行きつ戻りつしつつも毎日の暮らしを楽しまなくちゃ~ネ。

[PR]

by anne-sea | 2018-10-04 22:35 | 暮らし

お直し2   

2018年 10月 01日

f0360096_11392652.jpg
白のブラウスの丈直しができたので、しまい込んでいたブラウスの一枚も挑戦してみました。袖丈は簡単に出来ましたので、次は襟の直しです。シャツカラーだったのをスタンドカラー風にしてみました。ちょっとした上着にもなるし薄手のダウンベストと合わせてもいけそうです。節約大好き人間の私には大満足です。

自己流のお直しですがやっぱり自分で納得できるサイズは気持ちいいものですね。この度の白のステージドレスはぴんと来ないのでプロの手で直してもらいましたからぴったりなのは言うまでもありませんが、着用してみたらほんとに気持ちいいものです。後のもう一枚は家で着るエプロン風に直してみるのもいいかなあと思っています。自宅でのユニフォームであるエプロンは何枚あってもいいですしね。

前の家に住んでいたときはあまり気にしなかったのですが、息子たちの近くに引っ越しをしてからは身仕舞には多少気をつけるようになりました。お嫁さんとか孫のお友達の知り合いに思いがけないとところで出会うことあるからです。何も着飾る必要はありませんが、見苦しくないだけの服装をしていたいと思うようになりました。まあこれも認知症予防の一つになるかもしれませんね(^^♪ しばらくは洋服のお直しがマイブームになりそうです。

[PR]

by anne-sea | 2018-10-01 12:04 | 暮らし