<   2017年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧   

里芋の煮物   

2017年 01月 29日

f0360096_20223969.jpg
今日一日どこへも行かずずっと家。

暮れに夫の実家からもらった里芋がずっとテラスに。味噌汁の具に使うだけでは消費できない。それくらいたくさん貰ったのだ。いよいよもうこれ以上は置いてはおけない。煮物にすればかなりの量を減らせえると、ネットで目新しいレシピを探してみた。いつもの煮っ転がしよりは幾分手がかかるもののおいそうだと
選んだのが画像のもの。レシピの通りに材料を量り作ってみたら、ふ~~んこのような味なんだという出来上がり。私の味とは少し違ったけれども、これもまたいいかな。

自分流で作るとどうしてもマンネリになりがちだけれども、他の人の味もまた参考になっていいものだね。

[PR]

by anne-sea | 2017-01-29 20:32 | 料理

クルミブレッド   

2017年 01月 26日

f0360096_21291012.jpg
5人のうちの一番下の年長児の孫息子が私立幼稚園の連合音楽祭に出演。嫁さんのお義母さん来ます?との誘いに出かけて来ました。一昨日のことです。頑張ってみんなと一緒に演奏している様子はほほえましいものでした。頑張ったねのバーバの言葉ににっこり。まだまだ素直でかわいいです(^^♪ バーバも頑張って電車に乗ってお出かけして良かったわ(^^♪ 

帰りに駅前のスーパーで翌朝用のクルミブレッドを買いました。いつも行くスーパーで買うクルミブレッドがお気に入りなのです。違うメーカーのはどうなのかなとの気持ちがあったので、値段はかなり高めでしたが買ってみました。
で今朝件のクルミブレッドをたべてみたのですが、パサパサしておいしくない。これってどういうことよ、ですよ。人により好き好きはあるでしょうが、私にはおいしいとは思えません。またもっといろいろクルミブレッド試してみるのも面白そう。食べ方も工夫しろや、なんて言われそうだけれどもね。

[PR]

by anne-sea | 2017-01-26 21:47 | 暮らし

穏やか   

2017年 01月 20日

f0360096_14293142.jpg
明日の混声がないと思うとなんだかほっとしている自分がいて、ちょっと戸惑いを感じている。歌うことは大好きなはずなのにどうしたことなのだろう。

今日は朝からゆっくりと庭の整理をした。よくもまあこれだけ要らない鉢や木切れや棒切れをため込んだものである。私ではなく主人だ。別に腹が立つわけではない。それよりも捨てるものを一か所に集めて眺めるのは楽しい。それに快感でもある。私ってちょっとおかしいのかな。まあ、どうでもいいか。きれいになってすっきりするのだから万々歳というものである。

キンカンの木の下には、小鳥が食い散らした実が散らばっている。私も一個ちぎってしがんでポイとやってみた。もう一回。アハハ~これも快感!! 

[PR]

by anne-sea | 2017-01-20 14:39 | 暮らし

混声やめちゃった   

2017年 01月 16日

今日は昨日の寒さに比べると幾分ましに思えます。寒いことに変わりはないですが。
寒いなか、洗濯を干し終えて水道の蛇口を確認しながら閉めました。後で閉めたっけ?とならないためにもね。そう言えば外出の折にも玄関のカギを確認します。そうでないとやっぱり鍵かけたよね?となってしまうからです。以前肩の痛みで整形を受診した折に、先生から『歳です』の一言で終わりのことがありましたが、この蛇口とか玄関の件も歳でしょうかね。

先日の土曜日、混声の団をやめました。自分の思う方向と少し変わってきたかなと思いつつ続けていました。小さなきっかけでした。あ、もうやめようと瞬時に思ったのです。周囲からは唐突な申し出に映ったかもしれないけれども、どう思われようともう気にする年でもないですよ。あ、これも『歳』からくる開き直りの一種かもしれません(^^♪ 大好きな歌の場がなくなるのだから自分でも少しはしょんぼりかと思いきや、なんと実に清々しい気分です。ちょっと驚きです。あと一つの女声の方は少し休んでまた歌おう、と思っています。

年齢を重ねて70歳も過ぎると身も心も”凛”として、あれこれ惑うこともないと思っていたのです。ところがどっこい、幾つになっても理想は理想ですねぇ。しかしやはり理想に近づくべく精進だけは怠らないようにしたいですね。

[PR]

by anne-sea | 2017-01-16 16:10 | 暮らし

いずれ私も   

2017年 01月 12日

今日は午後に主人のMRIの予約がありました。病院へ向かう途中で信号待ちをしている(運転は主人がしていました)と、手押し車を押しながら80代と思しきご婦人がゆっくりと横断歩道を渡って行かれました。これまでなら何となく見過ごしていた私です。でも近頃はその様子を見ながらどこか悪いのだろうかとか、足に痛みがあるのだろうかなどと思うことがあります。お一人で大丈夫かななんて余計なことまで思ったりもします。

そういう私だってしっかりしているつもりでも、若い人たちからはどんなふうに見られているんだろうね。まだ道を歩いていて大丈夫かなと心配はされていないと思うけれども。でも、いずれ私も今日の手押し車のご婦人のようにダイジョウブカナと心配してもらうことになるのでしょう。

佐藤愛子さんの『90歳、何がめでたい』が話題になっていますね。ちょっと興味があります(*^▽^*)

[PR]

by anne-sea | 2017-01-12 22:10

ムム?   

2017年 01月 11日

昨日は主人の今年初めての外科の受診日。ここのところ痛みでほとんど歩けない様子が心配なのと、診察の内容が知りたくて私も付き添いました。主人はちょっといやみたいでしたが・・・

診察を待っている間に痛みで座り込んでしまいました。本人はもちろんですが付き添いの私も驚きました。そこまでのことはなかったからです。慌てて車いすを借りに走り、主人座らせて一息の私でした。手術をすることのメリットやデメリット、今の主人に手術が必要かどうか等の説明を受けた結果はしばらく様子見に落ち着きました。これまでと同じです。MRIと結果の説明日の予約をして昨日は帰宅しました。

車いすの扱いは2回ほど講習を受けたことがあるのですが、とっさの場合には忘れているんですね。やはり何度も実地の経験があってこそ知識も役立つものだと痛感させられました。ただ、車いすを押しながら人や器物にぶつからないようにとゆっくり歩くのですが、意外といろいろ目に入るものにきちんと注意がいくものなんです。これには我ながら驚きました。例えば廊下の角を曲がるときは、ゆっくり少し大きめのカーブを描きながら反対側の壁側すれすれに早足で曲がってくる人がいるかもしれないことを考えながらとかね。ムム? 私だってできるやん。とまあ、当たり前のことでしょうけれどもね。

いろんな病を抱えて来院されている方ばかりです。私だってつい先日再診の為三度も病院へ行きました。待合室では多くの人の中にいて言葉にはできない何かどんよりしたものを感じます。これも生きることなのかな、なんて大げさ過ぎるがな、苦笑いというところですよね。

今日の主人は量の増えた痛み止めを飲み、ジムへ出かけて行きました。これってどういうことなんや?


[PR]

by anne-sea | 2017-01-11 22:17 | 暮らし

今日の空 午後3時   

2017年 01月 06日

f0360096_15071511.jpg
今日、現在午後3時我が家の2階から眺めた空です(^^♪
昨年11月に受信した検診の結果は要観察1、精密検査3。精密検査すべて結果は。多少の不安を抱えて過ごした年末年始でしたが、今日の結果にホッとしながら病院より帰宅しました。要観察は以後気をつけながら少しでも良くなるように努力しましょう。

主人の体のことを考えると、私が健康でいることが大切です。のほほんと過ごしてきた私ですがしっかりしなくてはと痛切に感じています。不思議なものでそう思って過ごしていると、以外にもそうなっていくものなんですね。あら~~私って出来るんだ♪なんてね。

これからのことを考えると暮らし方を縮小することもありかも。趣味やお稽古、お付き合いなど今すぐにやめる必要はないとは思うのですが、今年は一つやめようかなと思っていることに、給食手伝いのボランティアがあります。いろいろ教えられることも多くありましたが、年齢的にも今年あたりが潮時かもと考えます。家を空けることが多かった毎日ですが、主人のことにも家事にももう一度きっちり目を向けてゆっくりでもきちんと暮らして、悔いが残らないように過ごしていきたい。ささやかですがこれが今年の願いでしょうか。

[PR]

by anne-sea | 2017-01-06 15:28

お正月   

2017年 01月 03日

f0360096_15330032.jpg
穏やかなお正月の三が日です。寒さもそれほどではなく天気も上々。我が家から一番近い神社へ初詣に出かけました。いつもの年より1時間ほどゆっくりしていたら、結構混んでいてびっくりです。え~?、こんなに大勢の人がお詣りされてたんだと。今年はいっぱい願い事をしてきましたが、ちょっと欲張りだったかもとわれながら苦笑いの新年のスタートでした。5人の孫もひと騒ぎして機嫌よく帰っていきました。

このところ主人の体調がすぐれず、特に脊柱管狭窄症が進みいよいよ手術かもという段階になっています。こうなると今の家は坂と階段がきつい。住み替えも視野に入れておかなくてはならないかもしれない。それなりにお金もかけてきたことだし、何より私が気に入っている家なのです。でも小さな庭と言えどももう管理が難しくなっています。そんなこんなでどうするかなあと思案中です。郊外の静かな住宅地に住む息子たちは自分たちの近くの売り出された中古の家を勧めます。都会のど真ん中の駅近のマンションに住んでいる娘からは、こっちに来るなら適当なマンション探したるでと言われるし。とまあこんな状態です。

このまま住み続けるかそれとも住み替えか結論はでませんが、そうそうゆっくりしておられる年齢ではない我々夫婦です。今年は大きな決断の年になるかもしれません。

何はともあれ新しい年のスタートです。健康に気をつけて暮らしていこうと思います。

[PR]

by anne-sea | 2017-01-03 15:53 | 暮らし