人気ブログランキング |

カテゴリ:暮らし( 151 )

晩秋

f0360096_11414135.jpg

慌しい年末がやって来ます。今のうちにと年賀状の名簿の確認・書類の整理を始めました。12月に入ると年賀状の作成にゆっくり取り掛かりたいし、掃除や片づけにも精を出したいしね。

この一年あまり引っ越しによる書類の変更や提出がたくさんあり、一時はパニックになりそうでした。提出したかどうか書類入れをひっくり返したりと、自身の頭の回転の衰えを自覚させられた一年でもありました。この度改めて整理をしていて、PCなりノートなりに何の書類を提出したかの一覧表を日付け順に残しておく必要を痛感しました。この一覧表を見て各々の書類が確認できるというわけです。こうまでしないといけないとはと、少々落ち込んでしまいますよ。

そう言えば引っ越しの折に段ボール箱に中身を記入して、ノートに段ボールの箱の番号と中身を詳しく書いていました。引っ越し後緊急に必要なものを取り出すときにはこのノートが非常に役立ったものでした。そのうち貴重品以外の物の置き場所を詳しく記す必要が出てくるかもしれません。今ですらどこにしまったのか、いやその物自体が我が家にある事すら忘れていることがありますからね。

未提出の介護保険還付請求書類が出てきました。前の住所の役所へ出すべきものです。明日投函します、忘れずに(#^^#) 



by anne-sea | 2018-11-22 12:11 | 暮らし | Comments(0)

出来たらいいなあ


昨日町内の文化祭があり、私の所属する混声合唱団も出演しました。私の今の団でのデビューのステージです。孫とお嫁さんも聴きに来てくれました。小2の孫はいつもと違う雰囲気のバーバに少々とまどったみたいでした(^^♪ 出番前「緊張する?」と隣のメンバーさんに訊かれました。あ、ゼンゼン、楽しみましょうと言ってステージに上がりました。出来はまあまあでしたでしょうか?


我が家の内外の手入れも自分たちでできることは大方やった感じです。お金を掛ければもっと住みよくなるのでしょうが、もうそんなにお金をかけるつもりはないのですが、でももっとそれなりに居心地よくするにはどうすればいいかなあと我が家をシミジミ眺めることもあります。

で、ふっと「フルカフェハルさん」の番組が浮かびました。あそこまで古民家風に設えなくともあの感じを多少取り入れて好みのインテリアにできないかなあと思ったわけです。超モダンな内装や高級感あふれる居間や重厚な家具にも憧れる気の多い私ですが、ここはひとつ古民家一歩手前の落ち着いた雰囲気の我が家がいいかなと、方向だけはぼんやり見えてきました。上手くイメージ通りにできればいいなあ。ただし期限のない夢なのでいつのことになるかは不明です。

by anne-sea | 2018-11-05 11:29 | 暮らし | Comments(0)

咲いてる!

f0360096_10413087.jpg
今朝玄関脇の植え込みに一輪だけ咲いているのに気が付きました。ふっと嬉しくなりました。

今朝も主人は半日のリハビリへ送迎の車で出かけて行きました。その折にスタッフさんから「ご主人頑張っておられますよ。大分足の運びもよくなりましたよ」と。会社勤めの頃の主人から考えると、スタフ方の言葉に素直に応えていてにこにことリハビリに励んでいることが信じられない思いです。

亡き父が「あんな馬鹿にした言い方があるか」とスタッフの対応に苛立ってデイサービスに一日で行かなくなったことがありました。やさしい対応と受け取るかバカにした対応と取るかは人それどれでしょう。それに今は昔のように子供に接するようなサービスの提供の仕方はないのではないかと思います。今お世話になっている事業所しか知りませんが・・・

主人がありがとうとの気持ちでリハビリを受けているのはそういった今のサービスの在り方と、年齢と共に変化する自身の体の変化を受け入れているからなのでしょう。受け入れたうえでもう少し頑張ろうと日々過ごしているのが私たち高齢者なのだと思うのですがどうなんでしょう。

そんな暮らしのなかで小さなことでも嬉しいことがあるとすごく元気が出るのです。ほっこりするのです。そして自分でも何に対してだかわからいながら「ありがとう」とつぶやいてしまうのですね。

by anne-sea | 2018-10-18 11:17 | 暮らし | Comments(0)

f0360096_11022129.jpg
腰を痛めて庭の片付けや剪定を休んでいました。が、数日前から気になる場所を少しずつ片付け・改造をしていたところそれも一段落。後は春に来てもらった植木屋さんに大まかな剪定をお願いすることにして私の作業は一応終わりにしました。時々の草引きくらいかな。もう一つ、息子に手伝ってもらって物置の設置が残っているのですが、完成すればあちこちに散らばってる主人の大事な大事な外作業の器具が整理でき、すっきりしそうです。古家も見た目少しはましになるのかな(#^.^#)

前の家から連れてきたバラ3鉢がすべて枯れてしまいました。う~んどうしてなんだろう。水も肥料もちゃんとしていたのに。ホントにささやかなものでしょうが、次暖かくなる季節には少し花を育てようかなと思っています。以前庭の手入れは花以外は主人の仕事でしたが、今の家ではほとんどできません。簡単なことは私が自分でやるしかないのですが、これで精一杯で花までは手がまわりませんでした。

無理をしないようにしながら自分のできる範囲で花の手入れを楽しみながら過ごせたらいいなと思っています。そのためには冬の間に家の掃除と整理に奮闘しなければね。あ、そうそう無理はだめでした。

というわけでこれからは家の中を収納など整理して、暮らしやすい工夫をしようと思っています。ただし、お金は極力かけない工夫をしながらですけどね。


by anne-sea | 2018-10-16 11:26 | 暮らし | Comments(0)

美容院

お嫁さんのお母さんお勧めの美容院でカットしてもらいました。2か月ぶりです。やっぱりすっきりしましたねぇ。こちらに越して来て取り敢えず近くの美容院に行きました。お店の雰囲気はちょっとゴージャス、スタッフといっても二人だけでしたがとてもあか抜けた感じでした。これまでと同じようにお願いして注文通りの仕上がりなのですがなんかどっかぴんとこない。でここは一度きりで次はなしとしました。ぎりぎり伸び放題にして一度はえい、どうでもええわと自分で少しそろえたこともありました。また以前の美容院にお世話になったこともありますが、でもやはり遠いところは続きません。。

となればと今回の美容院に行ったということです。雰囲気は私にぴったり、気軽に頼めそうな感じでした。仕上がりも満足、料金も満足♪ このお店にきめました。美容院一つ決めるのにも大変な労力がいるんですよねぇ。あんなこんなで少しずつ地域に溶け込んでいる感じです。行きつ戻りつしつつも毎日の暮らしを楽しまなくちゃ~ネ。

by anne-sea | 2018-10-04 22:35 | 暮らし | Comments(0)

お直し2

f0360096_11392652.jpg
白のブラウスの丈直しができたので、しまい込んでいたブラウスの一枚も挑戦してみました。袖丈は簡単に出来ましたので、次は襟の直しです。シャツカラーだったのをスタンドカラー風にしてみました。ちょっとした上着にもなるし薄手のダウンベストと合わせてもいけそうです。節約大好き人間の私には大満足です。

自己流のお直しですがやっぱり自分で納得できるサイズは気持ちいいものですね。この度の白のステージドレスはぴんと来ないのでプロの手で直してもらいましたからぴったりなのは言うまでもありませんが、着用してみたらほんとに気持ちいいものです。後のもう一枚は家で着るエプロン風に直してみるのもいいかなあと思っています。自宅でのユニフォームであるエプロンは何枚あってもいいですしね。

前の家に住んでいたときはあまり気にしなかったのですが、息子たちの近くに引っ越しをしてからは身仕舞には多少気をつけるようになりました。お嫁さんとか孫のお友達の知り合いに思いがけないとところで出会うことあるからです。何も着飾る必要はありませんが、見苦しくないだけの服装をしていたいと思うようになりました。まあこれも認知症予防の一つになるかもしれませんね(^^♪ しばらくは洋服のお直しがマイブームになりそうです。

by anne-sea | 2018-10-01 12:04 | 暮らし | Comments(0)

洋服のお直し

コーラスのステージ衣装のお直し、予想していたけれども結構お高いんですねえ。自分では出来ないので仕方ないのですけどね。

最近通販で買った白のブラウスのお直しに頑張りました。サイズで大分迷ったのですが、ゆったりが好きな私は二つの内大きい方のサイズで注文したのです。ところが届いて試着してみるとワンサイズ小さい方がぴったりだったみたいでがっかりです。交換できるのですがそれも面倒くさい。そのまましまっていたのですが、ダメもとでいいから自分でお直ししてみようと思い立ちました。これまで肩や身幅を詰めたりの簡単な作業はしていましたが、今回は袖のカウスを外しての丈詰めに挑戦です。ここは目立つのできっちりきれいに仕上げなくてはならないので時間をかけて丁寧に作業をしました。やり方は分からないのでほどきながらやり方を確認しつつの作業でした。

出来上がりはまあまあというところですが、この白いブラウスの活躍のチャンスは出来ました。白は似合わないと思うのですが、合わせるベストや上着などを工夫して白色に挑戦です。袖の丈が合わずしまい込んでいた2枚のブラウスもダメもとでお直しやってみようかな。何せ時間だけはたっぷりある暮らしですから、納得がいくまでゆっくりやってみようかなと思っています。ダメならポイすればいいだけですから、なんてこと言ってはダメでしょうから頑張ります(^^♪



by anne-sea | 2018-09-29 11:11 | 暮らし | Comments(0)

俯瞰する

2,3日前の朝、何となくテレビを観ていたら若い俳優さんが「デビューした頃に比べると現場でも自分の立ち位置が俯瞰的に見ることができるようになった」といったこと(表現は違うが)を述べておられるのが印象に残った。

これを聴いて中学2年生の図工のテストを思いだした。俯瞰図が3つ横に描かれていた問題であったが質問の詳細は記憶になし。ただこの項はすべてわからなかった( 一一) 当然その設問のところは0点。ご丁寧に似た問題がもう一つあったがこれまた0点! しかし私は大して落ち込みはしなかったのを覚えている。で、思ったのは自分はつくづく文系人間だなあということ。ということで1学期の図工の成績の結果はど~んと下がって、2学期は無事元に戻った。小さな田舎の中学のことだから、職員室に入ると多くの先生それも学年の違う先生からもニヤニヤして図工の先生の顔と私とを交互に見られたのだった。現在からからするとのぞかな時代だったね。「ほっといて」と思いながらたいして気にもしていない私だった。ハイハイ自分のことはよ~く&十分わかっていますよと。

で話を戻すと、物事を俯瞰するのは年齢を重ねるにつれそれなりに経験で身に付けることができる。ただこれが人間関係となるとそう簡単でない事も事実。俯瞰し過ぎて遠慮ばかりしているとバカをみるし、出過ぎるとギクシャクしてくるし。私は特別人付き合いが下手とは思わないけれども、さりとてものすごく上手とも思っていなかった。だから人とのお付き合いにおいてもこの”俯瞰する”ことを極力他人の動きを見て勉強させてもらってきた。些細なもめごとを見て人付き合いって面白いな、などと不届きなことを考えたこともあったけど・・・

でもこの年になるとある程度”俯瞰力”も進歩するもの、もうこれ以上の進歩はいいかなと思えてくる。後は”自然体”あるのみ。それに体のあちこちに不調が出始めるとそんなことは二の次になってしまうというのが本音!(^^)! 自身の体を労わりつつもうひと踏ん張りだ! がんばれ私!!

ダソク
今は3Dプリンターなるものが出現していますよね。私にはもう異次元の世界で、何がどうなってるんだの世界です( 一一)


by anne-sea | 2018-09-24 11:21 | 暮らし | Comments(0)

バッタリ!!

2週間ぶりに病院へ。診察が終わり会計の前で座っていると、目の前をご主人に押されて車いすの女性が通るではないですか。はじめは履物もはかず素足の様子を見ていたのが、その顔を見てあらら?となりました。隅の人の通らない場所に落ち着かれたのを見て「大○さん?」と遠慮がちに声をかけてみました。「あら~anneさん」と返って来ましたから彼女に間違いないようです。久しぶりでした。電車で一駅のところにお住まいです。昔一度お伺いしたことがあります、年賀状で近くに越してきたことを伝えていたのでそう驚きはしなかったようですが、それにしても病院で会うとはねえ。

近くの森林公園を散歩していて猪の掘った穴に足を取られて右足を骨折したこと、今日ギブスがとれたことなどをかいつまんで話してくれました。彼女と私も含めて5人、昔のコーラス仲間で一年に一回みんなで会って話に花を咲かせてきたのでした。今年も10月の末に集合の予定でしたが、二人がこんな調子なので延期になりました。残念。

そんなこんなでこれまで以上に気をつけて暮らすことの必要を感じている最近です。病気はもちろん怪我だっていつ遭遇(?)するかわかりません。溜息まじりに肝に銘じています。


by anne-sea | 2018-09-14 13:35 | 暮らし | Comments(0)

実感!

今日の新聞の寄稿文「老いは突然やってくる」 作者の親が突然自らのことができなくなった驚きを記しているのであるが、読みながら私は自分ことを思ってしまった。

本当に老いは突然やってくる。当然私も己の年齢くらいは常に意識しているし、また年齢による身体の衰えはゆるやかには感じてはいる。でもそう生易しいものではないようだ。5月ごろから足に違和感があり、一度病院に行かなくてなと思いつつそのままにしていた。ところが先月半ばころ急に下肢に痛みが出て思うように歩けなくなった。整形ではレントゲンの画像を見ながら腰椎すべり症とかで「年齢ですね」と40代後半と思しき医師。看護師さんから体操療法のパンフレットを手渡されそれで終わり。薬局で痛み止めとシップ薬をもらい帰宅した。月末に楽しみにしていたコンサートにも行けない。バスで30分の会場までが恐ろしく遠く感じる。痛みで動けなくなったらと思うと怖くて出かけられない。一時ひどくなって室内でも主人の杖を借りて移動していたが、ようやく今日あたりから痛みが少し薄れてきた感じがしている。無理をしないでボチボチ体操などして体を慣らしていくしかないようだ。筋肉を強化するサプリなどはどうなんだろう。

この度のことで老いは突然やってくることを思い知らされた。毎日自分の体と健康についてもっときちんと知っておく必要がある。それと同時に体のどこが悪くても日々暮らしていく上ではいかに不自由か、痛みがどんなにつらいことなのかが少し理解できたように思う。周りの人にもっと優しくなれたらいいなと思う、実際できるかどうかははなはだ心もとないことではあるけれども。

今日も雨が降り続いている。全国あちこちで被災された人たち。あの阪神淡路大震災で半壊した我が家、当時の暮らしが思いだされる。被災された方々のこれから・・・・・一日も早い復興を願うばかりである。



by anne-sea | 2018-09-10 00:09 | 暮らし | Comments(0)