カテゴリ:未分類( 14 )   

毎日があっという間に・・・   

2018年 11月 12日

昨日主人が大好きな「めぐみの里」へ野菜を買いにいってきました。いろいろ加工品などもありますが、野菜の直売が種類も多く近辺の人には人気があるようです。お花の好きな人には切り花も生産者直売で新鮮も売りのようです。私はたまにしかお花は買いません。でもそのときはやっぱり気持ちがウキウキですね。

主人が大根漬けを作りたいとのことなのでいろいろ検討(?)した結果、べっぴんさんで大きめの葉付のものを3本買い求めました。葉がとても生き生きしていてきれいなのでお漬物にできるし少し値段の方は高めでしたが、二人とも満足でした。後は青物を2種類とつきたての小餅と。小餅は近所に住む孫が大好きですので嫁さんが来た時に持たせます。

主人の生検のため病院一泊、今日はあっちの病院、明日はこっちの病院と病院通いの毎日であっという間に一週間・一ヶ月がすぎて行く感じです。その合間に私も整形へ。こんな病院漬けの毎日がこようとは。それでもささやかな物事に目を向けての暮らしもまんざらではないかと・・・ たまには娘に電話をすると元気にやっている様子、それだけでほっとしながら嬉しい私です。

大根葉は茹でて刻み、みじん切りした生姜と一緒にサラダ油・ごま油でいため砂糖、しょう油で味付けし
冷蔵庫の残り物のしらすや干しエビや鰹節などを加え、好みで七味をふって出来上がり。ちょっとした箸休め保存食になります。お漬物でもいいのですがこれもまたたまにはいいものです。


[PR]

by anne-sea | 2018-11-12 10:28

お墓参り   

2018年 10月 06日

少し前になりますが主人の実家へのお彼岸参りに行って来ました。主人のご両親は無論義兄ももういない実家ですが、主人の兄弟やその連れ合いをいつものように兄嫁さんが温かくもてなしてくれました。このように迎えてくれるひとがいてこそ気持ちよく実家への出入りができるのだと思います。また伺う私たちも、兄嫁の娘・孫・ひ孫たちが出入りすると思える日はずらしての訪問です。お互いのちょっとした気遣いで気持ちの良いお付き合いができるのでしょう。

日をおいて息子の休みの日に3人で私たち夫婦のお墓参りです。市の墓苑に2年前に建立しました。自分たちのあの世の住まいを眺めるというのも、少なからず複雑な思いがするものですね。子供たちに金銭的・時間的な気持ちの負担で迷惑を掛けたくないと息子の住まいに近い墓苑を選んだのですが、その後私たちも近くに引っ越しということになりました。しかし今のお墓の様々な形を見聞きするとこれででよかったのかなとの思いもあります。ともあれまだ先にお世話になりますのでとお願いしておきましたが、願いは聞き届けていただけたものと信じて疑わない私です。

[PR]

by anne-sea | 2018-10-06 09:55

ちょっとゆとりが   

2018年 09月 15日

腰痛と脚の痛みでここ1ヶ月くらいは少々滅入っていたのが、昨日くらいから痛みが少しだけ楽になってきています。そうなると現金なものです、気持ちも落ち着いてきました。

この度のことでいろいろ思ったことの一つにもう少しいい加減にやって行こうということがあります。気が付いたとと言う方が正しいかもしれません。自分では(人から見ても)いい加減な性格だと思って来ましたが、私の年齢ではもっといい加減でもいいみたいなのです。今日はこれをしようということは一つだけにして、後余裕があればもう一つに手を伸ばす。また決めたことができなければ次の日もしくはできる日にすればいい。これでいいのです。もっとノンビリと暮らしていこうと決めました。気持ちに余裕を持つということでしょうか。

この一年近く体も心も緊張していたのかもしれません。家族以外は知り合いもほとんどいないところで何をやっても気にする人がいないというのはある意味気楽です。ですので自分では気楽にしていると思っていたのですが、人付き合いにおいても物事を進めていく上でも実際はやはり多少でも気を使う暮らしだったのでしょう。ここいらで仕切り直し、ゆったりと自分らしい暮らしを心掛けたいと思います。

庭の草も今日はここら辺だけ、掃除も今日はトイレだけ、料理も今日は手抜き。今日は一日好きな本を読んで過ごす。夫婦二人まだ何とか自分のことは自分でできる、今はのんびり気のままに暮らしていてもいいのではないかな。

そんな今に感謝です。





[PR]

by anne-sea | 2018-09-15 15:25

あこがれ   

2017年 12月 27日

f0360096_22075927.jpg
              画像はネットからお借りしました。

ネットでたまたまプリンスエドワード島のサイトに入り込んだ。ふっとかつてこの島を訪れたいと願っていたことを思い出す。その昔乙女の頃に出会った村岡花子訳の『赤毛のアン』夢中になったものだった。子育ての頃は思いだすこともほとんどなかったが、40代後半の頃からまたあこがれの島へ行きたいと思うようになり、その手立てを考えるようにもなった。英語の自習や英会話教室での学習などなど。そんなことをしながら主人が退職したら実現しようと本気で考えていた時期も。そんな私の気持ちを知っていた娘も旅行や短期滞在などいろいろ調べてくれたりもしたものだった。

そして主人の退職。二人でカナダ旅行した時は、主人の意見を優先してPE島にはいかないプランを選んだのだけれど、今思うと惜しいことをしたなあ。いつでも私だけで行けるわと思っていたのが甘かった。人はいつまでも若くはないのだ。いつだってできるのではない、チャンスを逃すと次は巡ってこない事を心得ておくべきだった"(-""-)" 

PE島へのあこがれ、これももう遠いものになってしまった。『赤毛のアン』シリーズ、とっくに処分してしまったけれど、今同じ訳者の新しい版のが1冊手元にある。もう手に取ることもないけれども。


[PR]

by anne-sea | 2017-12-27 22:36

新しい土地で   

2017年 12月 12日

引っ越すことになるなど思いもよらないことが現実となり、長年暮らした家から新しい家(もっとも古家ですが)での暮らしが始まりました。私にとってこの出来事は本当に天地がひっくり返るくらい驚きです!(^^)!

で、まずのこの地での感想が”寒い” 皆に言われていた通り寒い!! とんだところへ来たと思ってるでしょうとの問いに「ハイ」と正直に答えてしまった私です。しかしまあそう長くはない人生、暮らしを楽しみながらど~んと生きてやろうじゃないの、の心意気でしょうかねぇ。

家の中は大体片付き、家具や物はあるべきところに収まりました。問題は小さな物置が一つだけのところに主人が物をいっぱい持ってきたこと。釣りやゴルフはもうできないだろうに・・・ 後はDIYの大小の道具。鍬に鋤に電動ノコに作業台に植木の散髪に使うやつにその他諸々。こんなんどうすんだ? そのうち私が整理してやるよ、任せときな。

当分はいろんな場所を探検してこの地に慣れて行きたい。そしてその後は自分の楽しみのための行動いざスタート。そうだよ私の残りの時間はそう多くはないんだからね、のんびりしつつノンビリしてはおれないんだよね。

[PR]

by anne-sea | 2017-12-12 23:11

ちょっぴりDIY   

2017年 09月 10日

f0360096_20541218.jpg
主人の部屋の柱と柱の間の壁紙がすれてはがれておまけに汚れている部分が以前から気になっていた。庭へ出るのに一段下りるときにこの場所に手を置くわけです。このたび介護保険を使ってここに手すりを付けてもらうことになったので、ちょっときれいにすることを思いつきました。

壁紙は同じものがありましたので(画像では違って見えますが同じものです)、ホームセンターで壁紙ののりを買ってきて挑戦です。幅20センチ×高さ170cmくらいの物ですので、そんなに苦労をしないでできました。出来上がりはまあまあというところですが、面白いですね。DIYにはまる人の気持ちがちょっぴりわかりました(^^♪

[PR]

by anne-sea | 2017-09-10 21:08

アラッ!   

2017年 03月 30日

f0360096_20314740.jpg
今朝、「ホーホケキョ」の鳴き声で目が覚めました(*^▽^*)
今年は来ないのかなと思っていたのでちょっとびっくりでした。もう鳴き方も上手になっています。が、例年なら最初の頃へたっぴーな鳴き声に笑たものでしたが、今年は「お歌は上手」な状態になっています。ちょっと残念な気もしますが、元気な鳴き声が聴けて嬉しい。やはり春ですね。

春と言えば今年はいかなごが不漁で、いかなごの時季はあっという間に終わってしまいました。おかげで台所に立つ主人の時間も少なく、床の汚れもあまりなく過ごせました。主人はものすごく残念がっていましたが・・・ スーパーで一緒に並んだ同年輩のご婦人は、「いかなごはないならないで送らない理由ができるから、それもいいんだけど」なんて言ってました。私は作らない食べるだけですが、その気持ちわからないでもない"(-""-)" まあ、なんだかんだの嬉しい春の訪れです。

[PR]

by anne-sea | 2017-03-30 20:44

開いた!!   

2017年 03月 20日

f0360096_14480958.jpg
昨日、もうすぐかな? 今朝、開いてる(@_@)
一気に開花するんですねぇ。
朝起きのボーとした頭が、この様子を目にするやシャキッなりました。
いいね、ありがとうねという感じです。

彼岸の中日で主人は実家へお参りに出かけています。私の周りに限って言えば平和です。それもこれも暖かな日差しの中にいるから思うことなのかもしれません。夫も私ももうしばらくこのまま生かせてもらえればいいなと思ったりします。やっぱり春は嬉しいね♪

[PR]

by anne-sea | 2017-03-20 15:02

いずれ私も   

2017年 01月 12日

今日は午後に主人のMRIの予約がありました。病院へ向かう途中で信号待ちをしている(運転は主人がしていました)と、手押し車を押しながら80代と思しきご婦人がゆっくりと横断歩道を渡って行かれました。これまでなら何となく見過ごしていた私です。でも近頃はその様子を見ながらどこか悪いのだろうかとか、足に痛みがあるのだろうかなどと思うことがあります。お一人で大丈夫かななんて余計なことまで思ったりもします。

そういう私だってしっかりしているつもりでも、若い人たちからはどんなふうに見られているんだろうね。まだ道を歩いていて大丈夫かなと心配はされていないと思うけれども。でも、いずれ私も今日の手押し車のご婦人のようにダイジョウブカナと心配してもらうことになるのでしょう。

佐藤愛子さんの『90歳、何がめでたい』が話題になっていますね。ちょっと興味があります(*^▽^*)

[PR]

by anne-sea | 2017-01-12 22:10

今日の空 午後3時   

2017年 01月 06日

f0360096_15071511.jpg
今日、現在午後3時我が家の2階から眺めた空です(^^♪
昨年11月に受信した検診の結果は要観察1、精密検査3。精密検査すべて結果は。多少の不安を抱えて過ごした年末年始でしたが、今日の結果にホッとしながら病院より帰宅しました。要観察は以後気をつけながら少しでも良くなるように努力しましょう。

主人の体のことを考えると、私が健康でいることが大切です。のほほんと過ごしてきた私ですがしっかりしなくてはと痛切に感じています。不思議なものでそう思って過ごしていると、以外にもそうなっていくものなんですね。あら~~私って出来るんだ♪なんてね。

これからのことを考えると暮らし方を縮小することもありかも。趣味やお稽古、お付き合いなど今すぐにやめる必要はないとは思うのですが、今年は一つやめようかなと思っていることに、給食手伝いのボランティアがあります。いろいろ教えられることも多くありましたが、年齢的にも今年あたりが潮時かもと考えます。家を空けることが多かった毎日ですが、主人のことにも家事にももう一度きっちり目を向けてゆっくりでもきちんと暮らして、悔いが残らないように過ごしていきたい。ささやかですがこれが今年の願いでしょうか。

[PR]

by anne-sea | 2017-01-06 15:28