人気ブログランキング |

「いいねぇ」   

2019年 05月 22日

f0360096_10531145.jpg
朝7時半起床して食卓に着く主人。背中からやわらかな陽ざしが注ぎます。
「いいねぇ。こうして部屋の中へ陽の光が射しこんで来るのは」
嬉しそうです。

以前の家も庭には”陽がいっぱい”でしたが、今の住居に比べると部屋への陽射しは少なかったです。買い物・銀行・交通・病院などは不便になりましたが、この陽の光という点では今の住まいが数段勝っています。何をするでなく日がな一日ノンビリ自宅で過ごす二人には何よりの贈り物のように思えます。

陽ざしは一日、四季それぞれと場所を移動しつつ明るく差し込んでくれます。転居して良かったなと思いながら窓辺のゼラニウムの花を眺める毎日です。

by anne-sea | 2019-05-22 11:09 | 暮らし | Comments(2)

Commented by さち at 2019-05-23 07:55 x
部屋に差し込んでくる太陽の暖かな光って本当にありがたい!ですよね。

特にうちは、冬の間は曇りの日が多くて、春になって暖かい太陽の光が降り注ぐと心が晴れやかになります。

お庭がきれいね。
これはツワブキかな?
Commented by anne-sea at 2019-05-29 14:06
さちさん
部屋の中に陽が射しこんで来るのは、やはり気持ちも
明るくなります。古家でもね(笑)一日気持ちよく過ごせるのはありがたいですね。

画像はつわぶきです。強い植物であちこちで増えてくれます。嫌いではないのでそのままにしていますが、どんどんいっぱいになりそうです。

<< 雨の中 ちょっと複雑 >>