人気ブログランキング |

ちょっと複雑   

2019年 05月 16日

f0360096_10154867.jpg
今日も主人は迎えの車でリハビリに出かけました。いい天気、さて私は何をしようか?と・・・

何で目にしたかは覚えていないのですが、読んだ記事の内容から考え込んだことがあります。主人の足が少し歩行に不自由なことで私が手を出し過ぎているのではないか。 その結果、主人が当然自分でできることなのに家族の私がしてくれるものと思わせてしまっているのではないかなと感じたのです。これってどうなんだろうね、優しさなのかなあ。

主人は家族がしてくれて当然という感覚ではないのでしょう。ただそれが二人の間では習いになってしまっているということなんでしょう。例えば私の方がティッシュ箱の近い場所にいて、そこから少し離れたソファにいる主人が「ティッシュ取って」と言えば当然私は手渡すことになります。だけど同じ部屋にいても私がティッシュ箱のある所から離れていた場合、同じことをお願いされたときはどうすればいいんだろうね。「自分で取れば」とは突き放した感じにもとれるますよね。何だかんだ言わず主人の足のことを考えてさっと持っていけば話は早いんですけどねぇ。

相手のことを考えて先に先にと動くことだけがいいことなのか。要するに相手を手助けをすることとできることは自分で動いてもらう方向に上手にもっていけばいいことなんだろうけれども、この線引きの判断はどうすればいいんだろうねぇ。もとはと言えばやり過ぎの私も反省なんだけどね。

どちらが先に逝くか、まだまだ大丈夫と思っているんだけれども、できうる限り自立のための努力をもっともっと主人も私も自覚する必要があるみたいです。いやありますね。





by anne-sea | 2019-05-16 10:48 | 暮らし | Comments(2)

Commented by さち at 2019-05-22 09:20 x
わかります!
すっごく良くわかりますよ。

確かに相手が出来ることまで、手を出して、それが当然になってしまってる事ってあります。

でも、その線引きが難しい!
ご主人の性格が分からないから何とも言えないけど、
ちょっと話し合ってみるって言うのもありかな?

何でもしてあげるけど、リハビリだと思って頑張ってみる?って。
で、出来たらそれを褒めてあげる、と言えばおかしいけど、持ち上げたり感謝の言葉を口に出したり・・・

う~~ん、ご主人が晏さんの提案を素直に聞いて下さったら、の話だけどね。

私には出来ない事を言ってます(^^;)
Commented by anne-sea at 2019-05-22 11:25
さちさん
さちさんもずっと経験されてきたことですよね。
おっしゃるように私の気持ちを言葉にするのはほんとに表現とタイミング、難しそうですね。

ただこれから少しずつ分からないように手助けを考えて行こうかなと思っています。リハビリは結構頑張っているので、これも言葉を選びながら上手にほめてあげようかなと思います。でもこの誉め言葉って相手のプライドを考えると相当ハードル高そうです(笑)

<< 「いいねぇ」 今日もまた >>