お墓参り   

2018年 10月 06日

少し前になりますが主人の実家へのお彼岸参りに行って来ました。主人のご両親は無論義兄ももういない実家ですが、主人の兄弟やその連れ合いをいつものように兄嫁さんが温かくもてなしてくれました。このように迎えてくれるひとがいてこそ気持ちよく実家への出入りができるのだと思います。また伺う私たちも、兄嫁の娘・孫・ひ孫たちが出入りすると思える日はずらしての訪問です。お互いのちょっとした気遣いで気持ちの良いお付き合いができるのでしょう。

日をおいて息子の休みの日に3人で私たち夫婦のお墓参りです。市の墓苑に2年前に建立しました。自分たちのあの世の住まいを眺めるというのも、少なからず複雑な思いがするものですね。子供たちに金銭的・時間的な気持ちの負担で迷惑を掛けたくないと息子の住まいに近い墓苑を選んだのですが、その後私たちも近くに引っ越しということになりました。しかし今のお墓の様々な形を見聞きするとこれででよかったのかなとの思いもあります。ともあれまだ先にお世話になりますのでとお願いしておきましたが、願いは聞き届けていただけたものと信じて疑わない私です。

[PR]

by anne-sea | 2018-10-06 09:55

<< 保存食&作り置き 美容院 >>