ムム?   

2017年 01月 11日

昨日は主人の今年初めての外科の受診日。ここのところ痛みでほとんど歩けない様子が心配なのと、診察の内容が知りたくて私も付き添いました。主人はちょっといやみたいでしたが・・・

診察を待っている間に痛みで座り込んでしまいました。本人はもちろんですが付き添いの私も驚きました。そこまでのことはなかったからです。慌てて車いすを借りに走り、主人座らせて一息の私でした。手術をすることのメリットやデメリット、今の主人に手術が必要かどうか等の説明を受けた結果はしばらく様子見に落ち着きました。これまでと同じです。MRIと結果の説明日の予約をして昨日は帰宅しました。

車いすの扱いは2回ほど講習を受けたことがあるのですが、とっさの場合には忘れているんですね。やはり何度も実地の経験があってこそ知識も役立つものだと痛感させられました。ただ、車いすを押しながら人や器物にぶつからないようにとゆっくり歩くのですが、意外といろいろ目に入るものにきちんと注意がいくものなんです。これには我ながら驚きました。例えば廊下の角を曲がるときは、ゆっくり少し大きめのカーブを描きながら反対側の壁側すれすれに早足で曲がってくる人がいるかもしれないことを考えながらとかね。ムム? 私だってできるやん。とまあ、当たり前のことでしょうけれどもね。

いろんな病を抱えて来院されている方ばかりです。私だってつい先日再診の為三度も病院へ行きました。待合室では多くの人の中にいて言葉にはできない何かどんよりしたものを感じます。これも生きることなのかな、なんて大げさ過ぎるがな、苦笑いというところですよね。

今日の主人は量の増えた痛み止めを飲み、ジムへ出かけて行きました。これってどういうことなんや?


[PR]

by anne-sea | 2017-01-11 22:17 | 暮らし

<< いずれ私も 今日の空 午後3時 >>