本   

2016年 07月 23日

f0360096_23024020.jpg
たまにですがそっと訪問させていただくブログがあり、そこで赤毛のアンの文字を目にしました。ファンのお一人のようです。私も若い頃夢中で読みふけったシリーズであり、少なからぬものを残してくれたアンを懐かしく思い出しました。と同時にあの頃の自分を懐かしく思い出しました。

誰しも本との思い出があるはずですが、私にも何冊かの大切な本があります。『次郎物語』『人間の運命』『赤毛のアン』『ジェーン・エア』これらは特に心に残る大切な本です。出会えたことに感謝です。

今は女性が日々の暮らしのなかで感じたことをその人らしい感性でつづったエッセイなどが好きですね。時たま新聞などで目にし、惹かれたものを買って読んだりしています。私もこんな風に日常を文章にしてみたいと思うのですが、これがなかなか思うようには書けません。難しい。ですので読むことを楽しんでいます。これからもいいなと思う本に出会える幸せがいっぱいありますように(*_*) 


by anne-sea | 2016-07-23 23:26 | 暮らし | Comments(2)

Commented by blackbird9280 at 2016-07-24 08:24
はじめまして。Souと申します。
ニックネーム「anne」さんから「イイネ」を頂き、もしかしたら、なんて思いながらお邪魔し、この記事を読んで得心いたしました♡

「ジェーン・エア」、わたしも大好きな本です…!
anneさんは、梨木香歩さんの本は読まれますか?
物語もエッセイも素敵なので、よろしければ是非。
Commented by anne-sea at 2016-07-25 00:01
Souさん訪問ありがとうございます。
『赤毛のアン』私にとっては遥か昔、青春の思い出につながります。

梨木香歩、全く知りませんでした(´・ω・`)
お若い方かと思いましたが、私より一回りとちょっと若い作家さんなのですね。
作品を少し検索してみました。私の知っている数少ない小説などとは少し異なる精神世界が広がっているのかな・・・ 手がかりとしてエッセイを読んでみようかと。少しばかりワクワクです。

<< 孫 家磨き >>