ちょっとゆとりが

腰痛と脚の痛みでここ1ヶ月くらいは少々滅入っていたのが、昨日くらいから痛みが少しだけ楽になってきています。そうなると現金なものです、気持ちも落ち着いてきました。

この度のことでいろいろ思ったことの一つにもう少しいい加減にやって行こうということがあります。気が付いたとと言う方が正しいかもしれません。自分では(人から見ても)いい加減な性格だと思って来ましたが、私の年齢ではもっといい加減でもいいみたいなのです。今日はこれをしようということは一つだけにして、後余裕があればもう一つに手を伸ばす。また決めたことができなければ次の日もしくはできる日にすればいい。これでいいのです。もっとノンビリと暮らしていこうと決めました。気持ちに余裕を持つということでしょうか。

この一年近く体も心も緊張していたのかもしれません。家族以外は知り合いもほとんどいないところで何をやっても気にする人がいないというのはある意味気楽です。ですので自分では気楽にしていると思っていたのですが、人付き合いにおいても物事を進めていく上でも実際はやはり多少でも気を使う暮らしだったのでしょう。ここいらで仕切り直し、ゆったりと自分らしい暮らしを心掛けたいと思います。

庭の草も今日はここら辺だけ、掃除も今日はトイレだけ、料理も今日は手抜き。今日は一日好きな本を読んで過ごす。夫婦二人まだ何とか自分のことは自分でできる、今はのんびり気のままに暮らしていてもいいのではないかな。

そんな今に感謝です。





[PR]
# by anne-sea | 2018-09-15 15:25

バッタリ!!

2週間ぶりに病院へ。診察が終わり会計の前で座っていると、目の前をご主人に押されて車いすの女性が通るではないですか。はじめは履物もはかず素足の様子を見ていたのが、その顔を見てあらら?となりました。隅の人の通らない場所に落ち着かれたのを見て「大○さん?」と遠慮がちに声をかけてみました。「あら~anneさん」と返って来ましたから彼女に間違いないようです。久しぶりでした。電車で一駅のところにお住まいです。昔一度お伺いしたことがあります、年賀状で近くに越してきたことを伝えていたのでそう驚きはしなかったようですが、それにしても病院で会うとはねえ。

近くの森林公園を散歩していて猪の掘った穴に足を取られて右足を骨折したこと、今日ギブスがとれたことなどをかいつまんで話してくれました。彼女と私も含めて5人、昔のコーラス仲間で一年に一回みんなで会って話に花を咲かせてきたのでした。今年も10月の末に集合の予定でしたが、二人がこんな調子なので延期になりました。残念。

そんなこんなでこれまで以上に気をつけて暮らすことの必要を感じている最近です。病気はもちろん怪我だっていつ遭遇(?)するかわかりません。溜息まじりに肝に銘じています。


[PR]
# by anne-sea | 2018-09-14 13:35 | 暮らし

実感!

今日の新聞の寄稿文「老いは突然やってくる」 作者の親が突然自らのことができなくなった驚きを記しているのであるが、読みながら私は自分ことを思ってしまった。

本当に老いは突然やってくる。当然私も己の年齢くらいは常に意識しているし、また年齢による身体の衰えはゆるやかには感じてはいる。でもそう生易しいものではないようだ。5月ごろから足に違和感があり、一度病院に行かなくてなと思いつつそのままにしていた。ところが先月半ばころ急に下肢に痛みが出て思うように歩けなくなった。整形ではレントゲンの画像を見ながら腰椎すべり症とかで「年齢ですね」と40代後半と思しき医師。看護師さんから体操療法のパンフレットを手渡されそれで終わり。薬局で痛み止めとシップ薬をもらい帰宅した。月末に楽しみにしていたコンサートにも行けない。バスで30分の会場までが恐ろしく遠く感じる。痛みで動けなくなったらと思うと怖くて出かけられない。一時ひどくなって室内でも主人の杖を借りて移動していたが、ようやく今日あたりから痛みが少し薄れてきた感じがしている。無理をしないでボチボチ体操などして体を慣らしていくしかないようだ。筋肉を強化するサプリなどはどうなんだろう。

この度のことで老いは突然やってくることを思い知らされた。毎日自分の体と健康についてもっときちんと知っておく必要がある。それと同時に体のどこが悪くても日々暮らしていく上ではいかに不自由か、痛みがどんなにつらいことなのかが少し理解できたように思う。周りの人にもっと優しくなれたらいいなと思う、実際できるかどうかははなはだ心もとないことではあるけれども。

今日も雨が降り続いている。全国あちこちで被災された人たち。あの阪神淡路大震災で半壊した我が家、当時の暮らしが思いだされる。被災された方々のこれから・・・・・一日も早い復興を願うばかりである。



[PR]
# by anne-sea | 2018-09-10 00:09 | 暮らし

8月も終わり

8月も今日でお終い、結構忙しい一ヶ月でした。週一で小2の孫息子を預かり、できれば宿題もということでさせようとするのですが、なかなかこちらの思うようには勉強してくれません(>_<) 我が子の時とはいささか勝手が違いました。私が年をとったせいなのか、ババだから責任感が欠如しているのか教える方も根気が続かないのです。

また高校受験を控えた孫娘の一週間の滞在も食事には気を使いましたね。一緒に暮らしているわけではないので好みがあまりわからない。卵焼きが食べたいというので作っても甘さ加減がもう一つぴったりしない。微妙な味加減も一緒に暮らしていてこそのものです。ま、しかし母親から離れてのんびりできて気分転換にはなったことでしょう。また仕切り直して頑張ってくれると期待してはいますが・・・

自治会の仕事も下っ端ながら少なからずありました。7月末の自治会の公園掃除、夏祭り前後、本番の活動、ゴミステーションの整美等大したことではないにしても細々したことでと出かけることも。それやこれやでバタバタしているうちに今月も終わりそうです。

またまた台風が近づいているそうですが、今日の風は気持ちよくきれいな秋空です。なんだか久しぶりにゆったりとした気分で午後を過ごしています。夏の間ほったらかしにしていた室内の細かな掃除にもぼちぼち取り掛かるかな、ゆっくり本でも読もうかななどととりとめのないことに想いが広がっていきます。もうすぐ大好きな秋の訪れだと思うだけで気持ちが弾みます。初秋・中秋・晩秋。それぞれの時季の微妙な雰囲気や佇まいの中に自身を置くことができるのですよ。今年は特に心してこの季節を過ごしたいと思っています。

[PR]
# by anne-sea | 2018-08-31 14:58 | 暮らし

台風( 一一)

f0360096_14344166.jpg


f0360096_14342606.jpg
昨夜の台風はすごかった。夜寝られずにいると家屋が揺れている!! まさかと思いつつやっぱり揺れている!! 朝主人に訊くとやっぱり感じたという。古家だからねぇ。

朝起きぬけに見回ってみるとあちこちに飛ばされた物が散らばっている。一段低いお隣のガレージのアクリル製の屋根板が2枚我が家の庭に壊れて散らばっています。街路樹のイチョウの葉がもうすごい。ハァ~~また掃除やわ( 一一) 飛ばされた植木鉢や軒下の諸々の片付けも~~ だから街路樹のある道路脇の家はアカンゆうたのに(怒)おんなじ古家ならマンションや言うたのに。怒りに任せて今はぶつぶつ。すいません、被害に遭われた方々のことを思えばこれしきの事文句を言うたらバチが当たりますね。反省です。

[PR]
# by anne-sea | 2018-08-24 14:48 | 暮らし