輝きながら

kagayaku70.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

温泉

f0360096_21502369.jpg

温泉好きの主人とバスツアーの参加。愛知県の伊良子岬のホテルに宿泊しました。写真は途中に参拝した熱田神宮。有名な神社ですが、私には初めての参拝でした。
特別温泉好きというわけでもない私ですが、家事から解放されての非日常の時間は最高です。のんびり温泉につかり、食事も目の前にスッと現れるのですからこの上ない幸せ気分を味わうことができます。そして眠りにつく前のゆったりした気分言うことなしですよ。
こういうことがあるから、毎日延々と主婦をやってられるんですよね( ^^) _U~~

[PR]
by anne-sea | 2016-05-29 21:58 | 旅行

心の断捨離

f0360096_20141714.jpg

お母さん、月日の経つのは早いものですね。あなたを見送ってから二十三回目の秋が訪れようとしています。あの日私は悲しみと共に、心に冴え冴えとした安らぎを感じたことを今もはっきりと覚えています。最近はあなたのことを考える日が以前よりも多くなりました。私も年齢を重ねて来たということでしょうか。

複雑な事情のある相手との結婚をなぜ決意したのか。私が大人になってからの問いにあなたはただ笑っていましたね。幸せかと重ねて訊きたい思いもあったのですが、できませんでした。穏やかに旅立っていったお母さん、それで十分なのでしょう。

幼い頃から大家族のなかで、どこか居心地の悪さを感じながらの暮らしでした。周りの大人たちの雰囲気に意外と子供は敏感です。我が家のはずなのに自分の居場所がないように感じることがありました。誰も私のことが好きではないのではないかと思ったことも。その不安がどこからくるのか、小学校へ上がるころには子供心にもおぼろげながら察しがつくようになっていました。でもそれはそれでまた哀しいものでしたけれども。

私って何なのかな。ひとり夜空を見上げてぽつねんとしていたこともよくありました。今思うとそんな私をあなたはそっと見ていたのかもしれませんね。複雑な思いを抱えて過ごした子供時代。それまでの思いを無意識のうちにも押し込めて楽しく過ごした青春時代。

でも、時間の流れというのはありがたいですね。人の思いを変えてくれるのです。自分でもどうしようもない気持ちが少しずつ少しずつ和らいでくるのが分かるのです。結婚し、子育てをする日々のなかでのことです。自分の存在の確かな意味があると感じられるようになっていきました。自分は母であり命を育みつないでいるという思い、それは自信と自己の肯定につながります。あなたもこうしていろんな思いを抱えながら私たち姉妹を産み育ててくれたのですね。

時間の流れというのは不思議ですね。多くのことが見えてくるのです。人との触れ合いは、泣いたり、笑ったり、憎んだり、羨んだり、喜んだりの繰り返しです。中でも我が子の寝顔を見つめているときのやわらかな気持ちは、初めてのことで言葉では言い表すことができません。あの頃私が親しみを感じられなかった人たちにも、それぞれの立場それぞれの思いがあったはず。このことは分かっていたつもりでしたが、相手の気持ちとしてはっきりと見えてきたのです。

思い返すと幼い頃の自分が愛おしく、こう語りかける私がいます。「がんばったね。大好きだよ」と。お母さん知っていますよね、今月私は古希を迎えます。今、穏やかな日々を送っていますよ。生まれてきてよかったと心から思っていますよ。残りの人生もきっと感謝の思いと共に過ごしていけるはずです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨年文章講座の入門クラスを受講した時の課題「手紙」の文章です。(原文のまま)
70歳を機にこれから生きていく上での覚悟というか、気持ちの整理をしてみたいとの思いから受講を決めたのでした。文章の上達よりもこちらが目的でした。そして添削してくださった先生の言葉がずしんと心に響きました。『和解の自覚』の文章ですねと。

少しばかり複雑な家庭で育った私は、心のどこかに自分でもよくわからない何かを抱えていたのでしょう。引きずっていたという方がぴったりくるのかもしれません。しかし意識はなくとも、もうすでに自分の中ではとうの昔に解決していたのですね。『和解の自覚』との文字を目にして、それをはっきりと意識できました。身体の中にふわっとした温かなものが広がるのが感じられました。もうこれだけでこの講座を受講した甲斐があったというものです。

心の断捨離、これから老いの日々を過ごす私には避けて通れないものの一つでしょう。叶わなかった夢、傷つけたり傷つけられたこと、思い出、その他いろいろ。やさしさで包んでこれらとの別れをしていきたいと思っています。



[PR]
by anne-sea | 2016-05-25 21:03 | 暮らし

コーラス 女声

f0360096_13184727.jpg
今日は火曜日、女声コーラスの練習日。混声とはまた違った良さがあり楽しみにしています。
これまで大きな声では言えませんが、いろいろとお稽古事をやりました。が、一つとしてものになったものはありません((+_+)) 英会話とピアノはまたやろうかな~~とは思うことがあっても、行動に移せてはいません。

お料理は教室に通ったことはないですが、興味がなくもないかなぐらい。自分でいろいろ工夫して作ってみて、ある程度は満足できるものができるんですよ。でもあと一歩、何かが足りない。ここが問題とすべき点で、努力しないからなのか。才能がないからなのか。どっちなんでしょう? 深く考えると迷路ですからしないことにしています。おいしいく食べたい気持ちは十分あるんですけどねぇ。

年齢のせいか以前ほどきれいな声が出ないのを少々気にしつつも、とりあえず今日も楽しく目いっぱい声を張り上げてきました。これにてよしとす、です。

[PR]
by anne-sea | 2016-05-24 13:33 | コーラス

コーラス 混声

f0360096_15363166.jpg
今日は混声の練習の日、毎週土曜日にあります。若い頃コーラスのサークルで歌っていました。55歳で地域のママさんコーラスに参加して、また歌っています。今では上手く歌うことよりも歌うこと自体を楽しんでいる状態です。でも外でみんなと触れ合うことは何より刺激になっています。

もう一つ女声コーラスのグループにも参加しており、仲間と一緒に先日シチリア島の教会で地元の人たちと一緒に歌ってきました。生涯の思い出になりそうです。こちらは火曜日、月3回の練習があります。どちらもとても楽しいですが、歌だけが生きがいと言うのではありません。歌も楽しいし、他のことも楽しい。人生楽しいことがいっぱいの方が嬉しいもんですよね。

明日は混声のステージです。楽しみましょう♪

[PR]
by anne-sea | 2016-05-21 15:46 | コーラス

片づけ

f0360096_13285784.jpg

今日もいい天気。物置やガレージの棚の整理の続きをすることに。なんでも取っておくのが好きな主人なので、うっかりするとゴミ屋敷に近い状態になる恐れがなきにしもあらず。ま、これはちょっと大げさですけれどもね。

実際にに行動に移すとは思えないけれども、近い将来万が一にも今の一戸建てからマンションに住み替えということがあるかもしれない。そのとき慌てないためにも少しずつ要らない物は処分しておかなくてはとの気持ちから、長い間使っていな物を捨てているのです。主人に内緒の物も結構あるんですけどね((+_+)) 家の中はかなりきれいになったので、外回りガレージや物置にチャレンジしているところです。しかし、まあ色々あります。なんでこんな物を後生大事にとっておいたんだろうと主人に腹を立てつつ、でもこれは私が残しておいたんだわとかね。

処分が進むにつれ気持ちもすっきりしてきます。若い頃は多くの物があることに満足感を覚えていたのも確かです。ある意味心が満たされた思いがしたものでした。こういう時期を経て、そして身軽さに安心する日々となるのでしょうか。もちろん今も新しい物が欲しいと思うことはよくあります。でもその中で必要な物とそうでない物とが自然とわかる賢さも身に備わっている年齢となりました。少しでいいお気に入りに囲まれて過ごす毎日は素敵だろうなと想像します。これからはそんな暮らしがしたいですね。

[PR]
by anne-sea | 2016-05-18 13:48 | 暮らし

はじめまして

f0360096_15365080.jpg

日々、穏やかな時間が流れていきます。もはや取り立てて願うこともないのですが、それでもなお何かを求めている自分に気づかされることもあります。
そんな暮らしのなかで気づいたことや想ったことを残して行きたいと、このブログを始めました。

[PR]
by anne-sea | 2016-05-17 15:41 | 暮らし