輝きながら

kagayaku70.exblog.jp
ブログトップ

しばらくお休みいたします(^_-)-☆

f0360096_13572769.jpg
大き目のごみを市の償却場へ2回の持ち込み。息子が手伝ってくれました。あともう1回は少し小さめの物なので私たち夫婦でできそうです。残りの大きな家具や物置などは業者さんに頼むことに。

これで片付けの大方の目途が立ちました。もう少し日が過ぎるといよいよ最後残りの衣類や食器の箱詰め、そして・・・となります。

引っ越し先の家の少しばかりのリフォームもあり、昨日神主さんにお祓いをしていただきました。ここにきてようやく私の気持ちも納まりがつき、新しい土地での暮らし向きに思いが進むようになりました。まだまだこれまでの暮らしにきっちりと踏ん切りはつけられませんが、暮らしの変化を楽しめるように頑張ろうと思っています。

しばらくブログはお休みいたしますが、落ち着きましたらまたこのつたないブログを再開したいと思っています。ほんのしばらくの後。また訪問してくださるのをお待ちしています。



[PR]
# by anne-sea | 2017-11-22 14:10 | 暮らし

ありがとう

f0360096_21002988.jpg
女声コーラスの昔からのメンバーが引っ越しをする私の送別会を開いてくれました。1週間前にはコーラス全員のお別れ会をしてもらったのに、今日もう一度です。本当に嬉しいかったわ。
今日のメンバーさんとは声楽教室の発表会でともに苦労したことや、シチリア旅行で現地の人たちと一緒に歌ったことなどいろいろ思い出があります。今思いだすと面白いことや楽しいことがいっぱいだよね。もう何年になるんかな。しかしお互い年とったよね"(-""-)" 今更言うことでもないか・・・

これまでありがとう!
そしてこれからもよろしく。
コンサートのお誘い待ってるよ。


[PR]
# by anne-sea | 2017-11-14 21:15 | 暮らし

秋深まる

f0360096_15401715.jpg
庭のツワブキです。今年もきれいに咲いてくれました。見頃を少し過ぎた頃でしょうか。この花が咲くころには秋も深まり、毎年ながら来る冬の厳しさへの心構えをうながさているように思えます。華やかさはないものの、控えめながら凛とした気配が感じられて好きです。

引っ越し準備も最終段階に入ろうとしています。でもまあ、よくこの年でやるわなあと自分ながら感心の日々です(^_-)-☆ もうあとひと踏ん張り、頑張れ私!


[PR]
# by anne-sea | 2017-11-10 15:51 | 暮らし

引っ越し準備

引っ越し準備も少しずつ進んでいます。割と時間的にもゆとりがあり断捨離もしながらの荷造りです。一昨日息子が進み具合を気にしてか、来てくれました。これまで彼のことを特別頼もしいと感じることもなかった私、母ですが、こうしてのぞいてくれる様子を見ていて思いました。思ってたよりもしっかりしてんだと。当たり前ですね44歳の中年おじさんですもんね。そして頼ってみるのも息子孝行かなとね。それよりも私たち夫婦が心配される年齢なんだということをつくづく思い知らされました。これが現実です"(-""-)"

現実といえばもう一つ。「信ちゃん(息子)の近くへ行くんやね。安心したわ」これ主人より年上の義姉の言葉です。どういうこっちゃねんと突っ込みたくなりましたが、お言葉通りにありがたく頂戴することにします。こういう時は「良かったね」というほうが、相手も素直に受け取れると思うんだけどね~~?

息子の近くへ引っ越しことを伝えると、皆さん一様に驚かれます。そりゃそうでしょうよ、私自身ついぞ思ってもいなかったことですからね。でも決めたからにはあれこれ心配せず在るところで暮らしを楽しもうと思っています。コーラスや近くの女子大の公開講座、いろんなところに行ってみよう。それよります健康でいなければね。





[PR]
# by anne-sea | 2017-11-05 21:48 | 暮らし

一息

f0360096_22422058.jpg
来月半ばの契約、12月初めの引っ越しが決まり慌しく日が過ぎて行きます。多くの契約や契約解除等の手続きがも大分目途が立ってきました。一息入れているところです。同時に引っ越し荷物の準備もありいのと、よく働いている自分に驚いてもいる私です。合間に主人の病院にお付き合いもありますしね。夕食の準備の手抜きは、まあよしとしていただきましょう(^^♪

昨日娘が様子見にやって来ました。
「お母さん、荷物は出来るだけ捨てて行かなあかんよ」
「そうやねぇ、あんたが置いて行ったアルバムや書道の道具は持って帰る?」
「あ、それは新しい家に持って行っといて。落ち着いたころボチボチ整理するから」
だってさ"(-""-)" 

和ダンスの着物は結局ほとんどタンス事お引越しになりそうです。いつかはきれいさっぱり処分しなくてはいけないんだけれどね。
「5000円で業者さんに引き取ってもらったわ。喪服はいらないっていわれたけどね」といつか姉が言ってましたっけ・・・ 何か利用できないかなあなんて思い切りが悪いね。

子育てに奮闘していたころのご近所さん14,5軒の皆さんもいなくなって、現在は我が家とお隣さんだけになりました。後はほとんどが若い世代の方たちです。「さみしなるわ・・・」とはそのお隣の奥さんの言葉です。これも時の流れと言ってしまえばそうなのでしょうが、なんかね、う~ん次の言葉が見つかりません。



[PR]
# by anne-sea | 2017-10-26 23:09 | 暮らし